車 下取り

車の下取り額を高くするために

 

近年、クルマの買取専門店が買取に力を入れるあまり、市場での買取競争が激化し、買取相場が乱高下し、ディーラーの下取り価格を大幅に上回る査定が付くと言われています。

 

とくに、上場企業として展開する大手買取店の場合、「買取強化」「高価買取」などの謳い文句で買取に力を入れるようになり、中古車買取が競争原理を生みました。

 

中古車を売却するオーナー側が高値を引き出すために複数の買取業者に見積もりを取る、中古車一括査定見積もりを取り、互いの買取店と交渉を繰り返して高値を引き出します。

 

最初の買取価格を大きく上回る査定額が一括査定にて出ます。一括査定で出た見積価格はディーラーの下取り価格よりも高くなることが多いです。

 

中古車買取店の買取とディーラーの下取りとは仕組みが異なります。買取店の場合、クルマを買取って転売することが目的となります。

 

ディーラーの下取りの場合、下取りをするのは系列中古車販売店です。

 

ディーラーは新しいクルマの販売に特化した店舗であり、買取店の場合、買取ったクルマを在庫化し、転売に回すという違いがあります。

 

買取店の場合、一台のクルマを買いと売りの往復作業があり、中古市場で流通させ、相場でクルマの価格が変わります。

 

一方、ディーラーはクルマを買い取ることは系列店任せです。買取店にとってはクルマの買取は仕入れであり、販売するクルマの在庫を確保しています。

 

ディーラーはクルマを売ってなんぼで、買取店はクルマを買ってなんぼなので、真逆の側面があります。買取店は買取ったクルマに利益を付加して転売にて利ザヤを得ます。

 

ディーラーは買取を系列店に任せて、販売のみに力を入れますが、利益はメーカーからの卸価格が決まっており、利益率は低いですが、目標売上台数を達成するとメーカー側から販売奨励金(バックマージン)を受け利益を得ます。

 

ディーラーはメーカー側からクルマの販売ノルマを受けており、売るために必死の営業努力をします。買取店に一括見積に出せば、ディーラーの査定額を上回るでしょうが、買い替えを約束する場合、それ以上の査定を受け入れることもあるでしょう。

 

一括査定が主流になった現在、初期での買取額は低く設定されており、競り合いで吊り上がる価格は可能な買取額とも言われています。

 

一括査定で高値を引き出しておいて、ディーラーにその価格以上で取ってくれることを条件にクルマを購入する約束をすれば、値引きやオプションサービスと合算で大幅にお値打ちになるでしょう。